04

21

コメント

オフ会に参加してみた


Youtube動画のKochoさんと358TVさんの合同オフ会がモリコロで開催されました。
集合は11時のため自宅を9時45分に出発してモリコロサイクリングコースを目指します。
最高気温は28℃の夏日の予想!11時少し前に到着するとサイクルステーションにはたくさんの参加者が集合していました。Kochoさんの挨拶で第二回のオフ会がスタートです。高校生からおやぢまで総勢50名で集団走行開始です!

IMG_5172.jpg

続きを読む

04

15

コメント

入鹿池ポタ


週末は前線通過で雨の予報でしたが、日曜日の午後は回復する予報通りに晴れたので午後13時過ぎに自宅を出発して犬山市にある入鹿池までポタリングしてきました。
今日は前線通過でとにかく風が強いです。名古屋に引っ越してから4年目になりますが、風が吹く日が多い地域だなぁと感じますね。冬は北西の季節風がいつも吹いています。東京と違って背後に大規模な山脈がないことが影響していますね。
こんな日は50mmリムのBORAですと風に煽られて怖い思いをするでしょうが、35mmのBORAでは風に神経質になることもなく快適です!
加速性が抜群!巡行が楽!坂も楽!相変わらず良好な走行感です。
ゼロからの発信で高めのギヤでダンシングするとエゲツない加速しますな(笑)

入鹿池(いるかいけ)
愛知県犬山市の入鹿、飛騨木曽川国定公園内にある人工の農業用ため池。2010年(平成22年)3月25日に農林水産省のため池百選に選定され、2015年(平成27年)には国際かんがい排水委員会による世界かんがい施設遺産にも登録された。
IMG_5162.jpg

04

15

コメント

グリコパワーブロダクション EXTRA OXYUP


今日はおすすめサプリメントの紹介です。
長い上りで心拍数が上がり息切れを起こす。最近の悩みでした。
そんな時自転車仲間からの勧めでEXTRA OXYUPを飲んでからサイクリングに出かけて見ることに。
出発前に4錠飲むだけですが、半信半疑で服用して何度か実走してみました。
よく行くモリコロサイクリングコースで飲まない時と比較してみると、心拍数は5〜10程下がり効果が確認できました。
気のせいかと日にちを変えてモリコロに出かけましたが明らかに息切れ感が少なくなっています。
中高年のサイクリストの強い味方になってくれるではないでしょうか?
私の場合、高強度の運動の後、なかなか心拍が下がらない状況が改善されみるみる心拍が下がるようになりました。
リカバリーのスピードが早くなることの方が嬉しいです!
ユーザーのコメントで飲まなくなると途端に苦しく感じ、改めて効果を感じたとありました。
喘ぎまくる鈴鹿サーキットの耐久イベントなどで試してみたいですね。

IMG_5141.jpg

04

10

コメント

カーボン用ブレーキシュー


今日はカーボンホイールの泣き所?ブレーキシューと熱変形のお話です。
巷ではカーボンリム専用のブレーキシューは消しゴムのように消耗するとか、カーボンホイールはダウンヒルで熱変形するので要注意とか言われています。BORAに履き替えてから500kmほど走りましたので私なりに評価してみます。

カンパ専用のブレーキシューは海外通販で買うとお得ですが、国内で買いますと4,000〜5,000円と消耗品としてはかなりお高いものです。
耐久性はどうか?答えは全然心配ないのではないでしょうか?500km走ってもほとんど減っていないのでは?と感じます。おそらく3,000km以上は余裕でしょう。
ノーマルのブレーキシューは雨の日にダウンヒルするとアルミのリムに負けて結構な勢いで消耗しました。
カーボン用のシューも同様に削れてしまうのでしょうか?この点は未検証です。私のBORAは2016年式なのでリムがAC3仕様ではなくツルツルなので削れそうにもありません。(あくまで想像ですが)
先日、にわか雨の中走る機会がありましたが、制動初期はスルスル滑って効きが悪いですがブレーキシューとリムの水気がなくなるとぐぐっと効きが良くなります。アルミでも同じですから心配するほどではないように思いました。

みなさんが心配する長いダウンヒルでブレーキをかけ続けた時の熱問題ですが、これも全く問題ないでしょう。
長いダウンヒルの直後にリムを手で触って確認しましたが、少し熱くなる程度で全く問題ありませんでした。
Web公表されている熱変形を起こしたカーボンホイールの大半はクリンチャータイプです。私のBORAはチューブラーなのでクリンチャーのようにタイヤのビートが外向きにリムを押し広げる力がかからなので熱変形は心配ないと思います。
この調子ならオールシーズン履きっぱなしで問題なさそうです。長期ツーリングに出かける時にはアルミクリンチャーにした方が心理的には安心ですよね。

IMG_5159.jpg

04

02

コメント

チューブラータイヤの空気圧


先日装着したルビノプロチューブラータイヤの適正な空気圧を探りながら走ってみた結果です。
タイヤサイドの空気圧表示は8〜12barとかなり高圧まで対応となっています。
私の体重と自転車の合計重量はおおよそ80kg弱。
最初に試したのはフロント8barリア8.5bar。この設定ですとかなり乗り心地もよく快適そのもの。
次に試したのはフロント8.2barリア8.7bar。少し差ですが少しシャキッとした乗り心地になります。
サーベロのフロントフォークはかなり剛性が高いので硬質な振動が手に伝わるようになりました。
それでも大きく乗り心地が損なわれないのはチューブラータイヤの特徴でしょう。
しばらくは、この設定で行くことにします。

ホイールとタイヤを交換してから400kmほど走ってみましたが、印象はさらに良いものになりました。
走行感の軽さは相変わらずですが、転がり抵抗の少なさが印象的です。
これは25Cタイヤによるものなのか?ルビノプロに採用された新素材グラフェンの影響なのか?不明ですが。今まで履いたどのタイヤよりスルスルと転がります。路面が良い道ではスケートリンクを滑るような感覚に近い走行感となります。

ガンガン乗り込んでみて今後は新素材グラフェンがもたらす耐摩耗性についても検証してみようと思います。

IMG_5156.jpg

Basic Calendar

<05 | 2018/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

来訪者

プロフィール

Author:zuka
50代のサイクリスト
速くよりも遠くへのんびりがモットー
江東区豊洲から発信 只今名古屋へ単身赴任中
愛車はcerveloS3、CAAD10、GIOS FELLEO、GIANT MR4、MARIN サンラファエル

検索フォーム

Designed by

Ad