03

25

コメント

チューブラー携行ツール


チューブラータイヤに変えて、携行するツールも大きく変わったので紹介します。
まず大物ですが、サドルバックに予備のチューブラータイヤ(使用済のコルサCX)とタイヤレバーを収納しました。
ご覧の通りチューブラータイヤも意外と小さく畳めます。ツールボックに入れることも可能ですが、かなり無理に押し込む必要があるので、オーストリッチのチューブラーバックに収納してサドルの下に固定しています。
このチューブラータイヤを使うことになるケースはタイヤを交換しないと走行ができない状況ですから、ひどいパンクの状況に限られます。
IMG_5140.jpg



ボトルゲージに装着しているツールケースに収まっているのはクリンチャーには無かったものが。。。
一番目立つのはMARUNIのクイックショットです。パンクした際に注入するパンク修理剤です。
これで大抵のパンクは修復可能らしいです!試していないのでわかりません(笑)
チューブラーにあらかじめシーラント剤を注入しておくことも検討しましたが、バルブが詰まるらしいので潔く諦めました。丸くなっているのはチューブラータイヤをリムに固定するリムテープです。あくまで仮留め用なのでホイール一周分は用意していません。小さいバルブコアツールも忘れずに携行しています。
IMG_5139.jpg


愛用している空気入れ(C02ボンベのアダプターとしても使用可能)とボンベとバルブエクステンダー用のレンチ。
パンク修理剤だけでは空気圧が低いので、CO2ボンベで空気を補填します。念のため2本携行します。
IMG_5138.jpg


ツールケースに収めるとこんな感じになっています。まだ少し入りそうです。
IMG_5137.jpg

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://bicycle50.blog44.fc2.com/tb.php/449-a9ef065a

Basic Calendar

<06 | 2018/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

来訪者

プロフィール

Author:zuka
50代のサイクリスト
速くよりも遠くへのんびりがモットー
江東区豊洲から発信 只今名古屋へ単身赴任中
愛車はcerveloS3、CAAD10、GIOS FELLEO、GIANT MR4、MARIN サンラファエル

検索フォーム

Designed by

Ad