四国を舞台にした夏の自転車旅は日曜日に高知県中村市から一気に名古屋まで輪行して終了しました。

雨や台風にも会わず、夏らしい天気の中で思う存分四国を走り回りました。
旅行記のアップは名古屋に戻ってからになりますが、東京の自宅周辺を犬の散歩がてら先日復活した富士フィルムのコンパクトデジカメF200EXRを使ってスナップ写真を撮ってみました。

全盛のCMOSセンサーにお嘆きの方も多いと思いますが、今となっては希少な1/1.6インチスーパーCCDハニカムEXRの画質は健在でした。

※写真をクリックすると拡大されます。

豊洲運河と観光船 
夕方6時 積乱雲の多い夕方で薄暗い中で撮影しています。画像処理は行っていません。
DSCF1785.jpg
ISO 400 f/5.1 1/240




ビルのガラスと空
薄暗い中で低ノイズ性が光ります。
DSCF1788.jpg
ISO 400 f/9 1/100

F200EXRの実力がよくわかります。
ガラスの質感、ショップのイルミネーションの温度感が素晴らしいです。
DSCF1796.jpg
ISO 400 f/9 1/100

EXRモード ダイナミックレンジ優先(400%)で撮影
入道雲をフォーカス 雲の表情がよくわかります。
DSCF1784.jpg
ISO 400 f/9 1/10

愛犬メイ 繊細な描写 大型1/1.6インチCCDセンサーの実力でしょう。
DSCF1778.jpg
ISO 400 f/3.6 1/80

クリックして拡大してみるとよくわかりますが、色調の再現力が非常に自然です。
F200EXRには富士フィルムのリバーサルフィルムのPROVIAやVelviaなどの色再現性の設定が可能になっており、当時のフィルムマニアにはたまらない設定も可能です。
DSCF1775.jpg
ISO 400 f/3.6 1/80

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP