上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は昼間に家族でステーキを食べ、しかも娘の残した肉まで食べてしまったので、食べ過ぎを後悔しつつご近所ポタへ出かけました。先日同様にF200EXR持参で撮影してみました。

※写真はクリックすると拡大します。

CAAD10号は名古屋で待機中なので、久しぶりに出動したGIOS号。
晴海大橋の上で豊洲をバックに。改めて見ますと結構GIOS号もカッコ良いです〜。
久々のクロモリフレームに重重ホイール。。走行感は重厚な高級車か?坂は明らかに重いです。(笑)
CAAD10のフロント周りのショック吸収性は明らかにGIOS号より上です。
加えてリア周りの衝撃吸収性もCAAD10の方が快適なのには改めてびっくりです。

それでもクロモリ独特の乗り味はGIOS号ならではかな!?

DSCF1797.jpg

スポンサーサイト

四国を舞台にした夏の自転車旅は日曜日に高知県中村市から一気に名古屋まで輪行して終了しました。

雨や台風にも会わず、夏らしい天気の中で思う存分四国を走り回りました。
旅行記のアップは名古屋に戻ってからになりますが、東京の自宅周辺を犬の散歩がてら先日復活した富士フィルムのコンパクトデジカメF200EXRを使ってスナップ写真を撮ってみました。

全盛のCMOSセンサーにお嘆きの方も多いと思いますが、今となっては希少な1/1.6インチスーパーCCDハニカムEXRの画質は健在でした。

※写真をクリックすると拡大されます。

豊洲運河と観光船 
夕方6時 積乱雲の多い夕方で薄暗い中で撮影しています。画像処理は行っていません。
DSCF1785.jpg
ISO 400 f/5.1 1/240


今日はいよいよ最終日です。
私とイトウさんは中村駅からそれぞれ帰路につきます。
他のメンバーは高知のよさこい祭り前夜祭の見学のオプションツアーへ。

長かった旅もあっという間でした。

一番有名な佐田の沈下橋にて
P1040540.jpg


自転車旅もすっかり後半戦です。
今日は四万十川源流域から川沿いに下り、まさに川を堪能する1日となりました。
途中で川遊びをしたり、冷たい湧き水で遊んだりと、のんびりでした。

四万十川の沈下橋と電車の鉄橋
P1040531.jpg


自転車旅4日目
今日は四国の分水領を超えて高知県へ抜ける1日でした。

私とイトウさんの二人は四国カルストへアタックするルートを選択。他のメンバーは面河渓沿いに迂回して高知県へアプローチしました。
四国カルストへの登りは獲得標高が1,600mを超えていてタフなコース。
登りきったカルスト台地の景色は素晴らしいものでした。

天候が心配でしたが、夏の四国カルストの風景はスイス(笑)のような爽快なものでした。
P1040488.jpg


夏の自転車旅も3日目です。
今まで海沿いのルートが中心でしたが、今日からは四国を四万十川に沿って縦断するルートに向けて内陸を走行します。
獲得標高700m、松山から久万高原町までの35km、距離は短いですが、三坂峠を越える上りルートです。

道後温泉でお世話になったお宿 ECO道後 食事はありませんが、とてもリーズナブルな宿泊料金でした。
P1040442.jpg


さあ、自転車旅二日目は、大三島から松山までのルートです。
しまなみ海道も後半となり、3つの橋を渡って今治市、四国へ上陸となります。
距離はおおよそ80Km程度。エビスモトさんは今日までの参加で、今治駅でお別れとなりました。

松山 夜の道後温泉駅
P1040441.jpg



今年も夏の自転車旅に出かけてきました。
毎年恒例のイベントですが、今年は倉敷から高知中村までの行程となりました。
素晴らしかったしまなみ海道や道後温泉、四国カルスト、四万十川など、見どころいっぱいの自転車ツアーとなりました。

また、しまなみ海道では今年初の参加者も!
最終日まで雨に降られることもなく、大きなトラブルもなく(イワノさんのシートポスト割れ以外)全員無事に完走となりました。

初日の今日は、新尾道駅を出発し大三島の宿まで50km弱のサイクリングとなりました。

生口橋にて 初日ということもあってテンション上がっています。
P1040367.jpg


火曜日から今年の夏ちゃりが始まります。
暑さとの戦いになりそうですが、しまなみ海道や四万十川など、楽しみなルート満載です。
今日は最後の調整も兼ねて、定光寺往復50kmを軽く流してきました。

DSCF1765.jpg

DSCF1767.jpg

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。