上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
wiggleへオーダーして6日目にシートポストとサドルが届きました。

ホイールの時もそうでしたが、6日でイギリスから届きますね。

今回も関税で900円徴収とのことで、配達時に支払いをしました。

届いた、Deda - SuperZero シートポスト。手に取ってみるとさすがカーボン製、軽い!

P1020460.jpg

Prologo - Nago Evo Nack サドル(カーボンレール付き)
P1020461.jpg
スポンサーサイト
CAAD10標準のサドルもややへたりが出ており、重量も250g程度と重いため

軽量化を目的にシートポストと合わせてオーダーしました。

シートポストが198g、サドルが155g 合わせて353gになります。

交換時に計量してみますが、現在より130g位の軽量化になる予定です。

カーボンシートポスト+サドルのカーボンレールの効果や如何に?

107805.jpg
Deda - SuperZero シートポスト
prologo-nago-evo-wht-blk.jpg
Prologo - Nago Evo Nack サドル(カーボンレール付き)


5月13日の佐渡ロングライドまであと2週間になりました。

暇を見つけては荒川CRを走って来ましたが、脚の仕上がりは85%程度でしょうか。

GW後半の5月4日には佐渡の参加者と一緒に神奈川県の宮ヶ瀬湖周辺を走る予定です。

平地ばかり走っていますので、山道を走って最後の仕上げにしたいと思います。

あとは、当日の好天を願うのみ!


佐渡ロングライドに向けて、2種類のドリンク剤を購入しました。

走行中は2本のボトルを持ちますが、それぞれにCCDとクエン酸ドリンクを

入れておきます。

CCDドリンクは飲み飽きない味と170kcalのエネルギーが飲む事で取れるため、

ハンガーノックを防げます。

普段から、サイクリングの際にはCCDドリンクを愛飲しています。

もう一つのクエン酸&BCAAドリンクは、佐渡ロングの中盤から飲み出す回復系のドリンクです。

実際には、50km過ぎた頃から、交互に飲むことで、後半に備えて筋肉を回復させる狙いが

あります。

まあ、おやぢですから、この2本で体にムチを打ちながら、完走を目指します。

IMG_1706.jpg

今日は私の生まれ故郷の埼玉県熊谷市まで荒川を遡ってみました。

豊洲の自宅を7時40分に出発、荒川CRへ8時に到着。

脚をストレッチしてスタートです。幾分寒いので、ウインドブレーカーを着込んで朝の荒川

を快走!

先日通り過ぎてしまった、岩淵水門を過ぎた土手にある芝桜を撮影してみました。

鮮やかなピンクの絨毯!目に眩しいくらいです。

IMG_1701.jpg


何と言いますか、、

昨晩は台風並みの風雨でしたが、朝起きると路面は濡れているものの、

素早く流れる雲の合間から太陽が覗いていました。家人は朝からキッザニアへお出かけ。

そうなると、暇な私はサイクリングに出かけたくなる訳ですよ。

毎年花見に出かけていた、埼玉県吉見町の桜堤目指して8時半頃自宅を出発しました。

菜の花が咲き乱れる荒川CR
P1020446.jpg

爆弾低気圧の影響で午後からは風雨が強くなる予報でしたので

朝のうちに、ちょこっとだけ荒川CRを走ってきました。

今回推奨されている空気圧通りに、前後とも空気圧6.5barに設定して、

HUTCHINSON ATOM Galactikの初走行です。


走り出してすぐに感じるのは、しっとりとしたソフトな乗り心地です。

インターロッキングの細かな振動が見事に吸収されてしまいます。

何と言うか、、、ママチャリみたいな乗り心地?(笑)

これほど効果を感じる自転車パーツは久しぶりです。


リアタイヤの走行感も、

Pro3に比べて、しっかりとタイヤが路面を捉える感じが伝わってきます。

路面の細かいギャップで跳ねて逃げていた推進力が、効率よく路面に伝わる感じです。

漕ぎ出しもPro3より明らかに軽く、チューブが無くなるとこんなに変わるんだぁ!!

と少し感動。


6.5barという低圧にもかかわらず、タイヤ自体のたわみ量もクリンチャーと変わりなく、

不安な感じは全くありません。


荒川CRへ向かう市街地走行で、いつもならハンドルにゴツン!とくるような段差も

身構えずに、スコッ!と言う感じで走行できます。

Pro3に比べて、走行抵抗も低く感じ、スピードを出せば出す程、軽く走れるタイヤです。


グリップ感は、Pro3はしっかりと路面を捉える感じで大変安心感がありましたが、

HUTCHINSON ATOM Galactikは表面のコンパウンドが硬めなのか、

グリップ感は少し希薄です。

もしかしたら、峠の下り等では少々不安を感じるかもしれません。

実際に峠はまだ走っていませんので、あくまでも印象ですが。。


荒川CRでは追い風でしたので、40km以上のスピードで走る事ができました、

スピードが30kmを越えるとエアーサスペンションの車にでも乗っているような

しっとりとしたグリップ感とフラットな乗り心地がになり、思わず顔がニヤニヤ。

氷の上を滑るような走行感が得られます。う〜ん感動!

一度この走行感を味わってしまうと、クリンチャーへ戻すのは難しいかも。(笑)


ロングライドでも、相当疲労が軽減できるのではないかと思います。素晴らしい!


P1020442_20130406110106.jpg
今日を逃すと週末までにタイヤ交換が出来そうもないので、

帰宅後の駐輪場でATOM GALACTIKをシャマルへ装着しました。

予想通り、筋トレに近い作業となりました。

P1020440.jpg
仕事を終えて自宅へ帰ると、注文していたHUTCHINSON ATOM Galactikが届いていました。

公表値で240gの世界最軽量のチューブレスタイヤです。好評価だったATOMの進化版です。

しかし、今日は装着する気力も無いため、気合いの充実した時に装着したいと思います。

装着には相当の時間と根性が必要な様子です。何とか今週中に装着して、シェイクダウンを週末に

行いたいですね。

パッケージの記載では、適正な空気圧は60-70kgで6.5bar/95psiになります。

やっぱ、結構低圧でもOKなんですね。走行感が楽しみです。

P1020422_20130401223942.jpg

IRCのチューブレス専用タイヤレバーも既に購入済みです。

こいつのお世話にならずに、手だけで装着出来ると良いのですが。。

P1020423.jpg

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。