上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そういえば、最近めっきり朝夕の気温が下がってきましたね。
今年の冬は積極的に自転車に乗りたいので、今まで短パンしか持っていなかったので、レーパンのタイツを購入しました。
やっぱりなんだかんだ言っても、一番出来がいいのはパールイズミ製品だと思います。

990smt-01.jpg
1

う~ん。なにやら最新素材を使っているようですが、使用温度が10℃ですから、冬場の11月から3月頃のサイクリングに使えると思います。

middle_1174485760.gif ポチっとお願いします
                       2008年8月までのちゃりで@Go@の過去コンテンツは こちら

スポンサーサイト
う~ん
今思うといろんな所を走ったなぁ~なんてしみじみ思ったりします。

DSCF0291.jpg

DSCF2253.jpg

DSCF2313.jpg

DSCF2346.jpg

P1010838.jpg

P1010920.jpg

P1020092.jpg

middle_1174485760.gif ポチっとお願いします
                       2008年8月までのちゃりで@Go@の過去コンテンツは こちら

10月も下旬になって、最高気温も20℃を少し超えるとても気持ちの良い季節になりました。
前回の富士山ヒルクライムからしばらくサイクリングへ出かけられていませんでしたが、今回は意外と近くにありながら、いままで走ったことのなかった養老渓谷方面で出かけてみました。

<今回のルート>
八幡宿から鴨川

鴨川から上総湊


また、デジカメムービーを撮影してみました。養老渓谷駅を出発して、鴨川から内房の保田を抜けて、上総湊駅までのダイジェスト版です。是非ご覧下さい。



今回は千葉方面なので、自宅から10分のJR京葉線新木場駅から輪行です。蘇我で内房線に乗り換えて八幡宿駅には7時10分到着予定です。
P1020650.jpg

八幡宿駅で眞蔵御大と合流し、自転車を組み立てます。
P1020651.jpg

国道297号線で市原を目指します。のんびりとした風景が続きます。国道297号線はローカル線の小湊鉄道と併走しています。
P1020655.jpg

雲一つ無い快晴の中、快調に走る眞蔵御大!
P1020657.jpg

市原市へは追い風もあって、すぐに到着。米沢の交差点から県道81号線「養老清澄ライン」へ進みます。ここから養老渓谷までは緩やかな上りですが、あえぐほどの坂では無いので気持ちよく走れます。ただ、紅葉シーズンの週末は車で渋滞するようです。
P1020658.jpg

小湊鉄道の養老渓谷駅に到着!
すごくレトロな駅舎です。駅には足湯が併設されているのですが、オープンが11時と遅めなので入れませんでした。
P1020670.jpg

駅舎の中もめちゃくちゃ渋いです。いろんな観光パンフレットが置かれています。
駅前の駐車場に車を止めて、養老渓谷をハイキングする人も多いようです。
P1020666.jpg

ホームはこんな感じで、見事な藤棚があります。電車は2時間に1本程度とものすごく少ないので、輪行する場合には事前に注意が必要です。
P1020662.jpg

駅を出発し、すぐ先の豆腐やを右折して、戸面蔵玉林道へ進みますが、静かな林間の道で結構快適です。ただ、渓谷が見えるわけではないので残念です。
P1020673.jpg

戸面蔵玉林道には短いトンネルが何本もあります。
P1020679.jpg

途中に大きな一枚岩があったので、記念撮影しました。
もう少しして紅葉すると見事な景色になりそうです。
P1020684.jpg

養老清澄ラインで鴨川を目指します。
標高270mの四方木峠を越えてダウンヒルの途中で見えた外房の海!
ちょっと感動。もうすぐ海へ出ます。
P1020690.jpg

鴨川シーサイドロード
風があるためか、今日は波が高く、打ち寄せる波が岩に当たって砕けています。
奥の海ではサーファーであふれていますが、波が高くて楽しそうです。
P1020693.jpg

丁度、鴨川シーワールドで写真を撮ろうかと路肩に止まった際、眞蔵御大が記念すべき初パンクに見舞われました。シーワールド前のベンチを借りてパンク修理です。
P1020696.jpg

丁度、お昼時間になったので、鴨川駅近くの「風神」で海鮮吹寄丼1,350円を頂きます。
地魚のぶつ切りがどっかりと盛られていて、凄く美味しかったヘ(^o^)/
P1020700.jpg

食事の後は、県道34号長狭街道で外房から内房へ横断します。
長狭街道は鴨川側からはだらだらと上りが続き、内房への手前で横根峠を越えて一気に国道127号線との合流点の保田へ・・
国道を北上すると右側に海辺の湯が見えてきます。ゴールの上総湊駅まで少しですが、ここで汗を流すことにします。1階は土産物屋になっていて、2階に海が眺められる日帰り温泉があります。入浴料は850円。
P1020709.jpg

4時前にゴールの上総湊駅に到着!
凄いローカルな駅です。なんと4時45分まで電車が無いので、のんびりと輪行の用意をして電車を待ちます。
P1020712.jpg

夕暮れのホームで・・
P1020714.jpg

特急房総ビューエクスプレスで一気に東京駅まで向かいます。
車内は空いていて、自由席でもまばらな状態でした。最後尾のシートでのんびりと海に沈む夕日を眺めながら一眠りしていると東京駅に6時5分に到着。ここで眞蔵御大とはお別れです。
東京駅から自宅まで走行して、自宅には6時50分に到着です。
P1020715.jpg

今回、初めて房総半島をサイクリングしましたが、適度なアップダウンと、なんとも田舎っぽい風景もあって、とても好印象でした。日帰りでサイクリングに出かけるには最適な場所だと思います。

本日の走行
走行距離  114.73km
走行時間  5:17
平均速度  21.6km
最高速度  69.7km  でした。

middle_1174485760.gif ポチっとお願いします
                       2008年8月までのちゃりで@Go@の過去コンテンツは こちら
SHIMANOから2009年モデルが発売になり、超~ヒットな売れ行きだったSH-R085の後継モデルSH-R086Wが発売されました。パチパチヘ(^o^)/
FELLEOを購入し、夏ちゃりでゆーじのSPD-SLシューズを見てから、欲しかったサイクルシューズをついに新調してしましました。

私が購入したのはR806WEという幅広ワイドタイプの41サイズ(シマノ換算で25.8cm相当)です。お店で試着し、比較した結果ワイドタイプの方がしっくりきました。
ワイドタイプが用意されているというのも、シマノがこのモデルに掛ける意気込みが伝わってきます。SH-R086Wより、つま先10% 甲高8%ワイドになっているそうです。スバラシイ・・
P1020647.jpg
・微調整可能なバックルや、ホールド力を均等に分散するオフセット・ストラップ採用。
・メッシュ部分が高い通気性を確保。
・シマノのシューズテクノロジーを随所に採用した、 コストパフォーマンスに優れたモデル。

なんといっても、R085では3本のベルクロストラップでフィットさせていましたが、R086はバックルでしっかりと足首を固定できるようになっています。
デザインもとてもかっこいいと思います。

P1020648.jpg
シューズの入れ替えによって、当然ペダルもSPD-SL仕様の105グレードに変更しました。

P1020649.jpg
クリート位置を調整して、ペダルにはめて見ました。
第一印象はガッチリはまるなぁと感じました。今までのSPDはクリートも小さく点でペダルと繋がっていた感じでしたが、それとは違って、面でぴったりとはまっている感じです。
SPDシューズと違い、クリート自体が大きく出っ張っ、靴裏に装着されているため、サドルの高さを5mm程度上げる調整を行いました。
自宅の周りをくるくると試走してみましたが、ペダルとの一体感が強く、とてもダイレクトに踏み込めるようになりました。なんで早くSPD-SLにしなかったのかと、感じるほど楽に回転させることが出来ます。う~ん。。スバラシイ

middle_1174485760.gif ポチっとお願いします
                       2008年8月までのちゃりで@Go@の過去コンテンツは こちら

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。